私の旦那様は天然韓国人⑦ どうなってるの?




旦那さんは辛いものを食べると、しゃっくりが出る。

さらにぶつけたりして「痛い!」と感じると気絶するという、なんとも不思議な臓器システムの持ち主だ。

先日は、軽めに食事して「東大門のちむじるばんに行こう!」と鼻息荒めに言い出して、近くにあったストリートフードのキムチ肉まんを頬張った瞬間、

「辛いッッ!!・・・・・・ ヒッ、、、ヒッ、、、」。

あ、でた、始まった。

ただし、これの対処法は簡単。水を飲むことだ。これですぐ収まるから、まぁいい。

問題なのは、痛いと気絶すること。

以前は電話中に突然「はぁっ!!!」と短い叫び声が聞こえたと思ったら、

電話か切れて繋がらなくなった。

心配してかけ続けても出ない。

それから15分後くらいだっただろうか、彼から電話がかかってきた。

「歩きながら電話してたら、道端で足をぶつけて転んでさ、気絶して、一緒にいた同僚に救急車呼ばれるところだった、あぶない」。

いやいや、むしろ呼んでほしかったんですけどッッ!

一緒にいるときにも、一回気絶した。

正直、ものすごく怖かった。彼を失うかもしれないって感じたから。

ただ、そのあと病院に行って、みてもらったがなんともなかった。

一緒に暮らしはじめた今は何事もなく健康そうだけれど、一体全体どんな体のシステムなのだろうか。

実は痛みに極度に弱くて、脳が逃避してしまうのだろうか。

自己麻酔みたいな感じ?

なんだろう、すごく気になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください