私の旦那様は天然韓国人③ 夢




「ふぁ~♡気持ちいい~」

こだわって選んだベッドマットのおかげで、我が家のベッドの寝心地は最高だ。

腰の痛い私は低めの枕に頭をうずめ、首の痛い旦那さまはタオルを重ねてオリジナル枕を作りながら、今まさにベッドに入るところだった。

「どれどれ」と嬉しそうにベッドに横たわった旦那さんも、いいね~♡と気持ちよさそうだ。

すぐにイビキが聞こえた。

「今日も秒殺やん!」と、心の中で軽いつっこみを入れながら、私もうとうとしていた、そのとき。

「ゴーグー、ゴゴゴゴッッ、ンガッ!」

旦那さんのイビキが大きくなったなと思ったら、彼は自分のイビキで、ガバッと起き上がった!

すると突然、部屋を出ていった。

しばらくして戻ってきた彼に、どうしたの?とわけを聞いた。

すると「いや、夢でガスと給湯器、あと窓締め忘れてて、心配だったからさ見に行ったの。全部大丈夫だったけどね」

面倒くさがりで“どうにかなるさ”で生きてきた適当な私に比べて、旦那さんは本当にまめで頼りになる。この人と一緒になってよかったと、ふと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください